• Close to One in Kashiwa

    April 9th 2016 - April 10th 2016

  • About This Event

    このイベントについて

    Our Massages...

    昨年に引き続き、柏国際テニス大会期間の4月9日、4月10日にClose to One in KASHIWA を開催致します!

    今年は更にパワーアップし、贅沢プログラム、Close to One with 車椅子テニスの2部門で開催致します。

    贅沢プログラムでは、少人数でみっちりと内容の濃いプログラムを行います。

    Close to One with 車椅子テニスでは、車いすテニスプレーヤーにプロテニスプレーヤーの経験を知ってもらう、元プロテニスプレーヤーに車いすテニスを知ってもらうということを目的とし、相互において非常に充実したプログラムとなっております。

    プロテニスプレイヤーを身近に感じられるような時間をお約束します。たくさんのご応募お待ちしております!

  • Event Details

    イベント詳細

    Rich Program 贅沢プログラム

    日時:A. 4月9日 PM13:00集合 PM13:30 ~ PM15:00レッスン PM15:30 ~ PM16:15トークショー 満員御礼 受付終了

       B. 4月10日 AM11:00集合 AM11:30 ~ PM13:00レッスン PM13:30 ~ PM14:15トークショー✳︎満員御礼 受付終了

       C. 4月10日 PM15:30集合 PM16:00 ~ PM17:30レッスン PM18:00 ~ PM18:45*満員御礼 受付終了

     

    場所:吉田記念研修センター

     

    参加プロ:2名(各日2名) 瀬間友里加プロ(9日),牟田口恵美プロ(両日), 岡田上千晶プロ(10日)

     

    料金:5000円(観戦チケット,お茶代込み)

     

    定員:各6名(ある程度ラリーができれば大丈夫です。プロとの打ち合いが中心のため、幅広いレベルに対応します。)

     

    内容:プロが普段行う、ラリー練習が中心となります。実はプロの練習内容は非常にシンプルです。  では、なにが差を付けているのか!?ラリー練習は自分次第で質が大きく変わります。ラリー練習のポイント、取り組み方をお伝えします!レッスン後は、事前にお客様から募集した質問を中心 に、お茶会を開きます。プロの近くで貴重な話が聞けるチャンスです!

     

    ※お申し込みの際は、”贅沢の部"をご記入後、ご希望の日時、時間”A, B, C”のいずれかを一緒にご記入ください。また、雨天の場合、トークショーのみ行います。また、お申し込み頂いた方で、キャンセルをご希望の方は、再度申し込みフォームからご連絡頂きますようお願い致します。

       

    Close to One with 車いすテニス

    日時:4月9日 AM9:00集合 AM9:30~AM:10:30 AM10:45~AM11:30 トークショー

     

    場所:吉田記念研修センター

     

    参加プロ:2名 瀬間友里加プロ, 牟田口恵美プロ

     

    定人:大人6人 子供8人

     

    料金:大人4000円 子供3000円(観戦チケット,お茶代込み)

     

    対象:車いすテニスプレーヤーで少しずつ試合に出ているような人 ジュニア・大人も含む

     

    内容:ラリーを中心とした内容になります。

     

     

    ※雨天の場合、トークショーのみ行います。また、お申し込み頂いた方で、キャンセルをご希望の方は、再度申し込みフォームからご連絡頂きますようお願い致します。

     

  • ENTRY FOAM

    お申し込みフォーム

    名前、Email、PhoneNumberを各欄に、Message欄にはご希望参加の部(贅沢プログラムの場合”贅沢の部”、“A or B or C")、年齢、プロへの質問(任意)をご記入の上、SUBMITのクリックをお願い致します。

  • Greeting from Emi Mutaguchi

    牟田口恵美よりご挨拶

    昨年に引き続き、Close to One in KASHIWAを企画させて頂けることになりました。この企画を提案した背景には、日本から沢山のトップ選手を輩出したいという私自身の強い思いがあります。国内でプロ競技であるテニスですが、国内で開催されるほとんどの国際大会では、盛り上がりに欠けていることが問題点として挙げられます。現在、国内には沢山のプロテニス選手がいます。しかし、国内のプロテニス選手の価値が低いと私は感じています。「プロ競技としてサイクルを確立していきたい、今の私にできることは何か?」そう考えたとき、大会期間に行うイベントの企画が頭に浮かびました。

    「Close to One」には、テニスファンの皆様に、プロテニス選手を身近に感じてもらいたい、そういったメッセージが込められています。ファンの皆様にプロテニス選手を身近に感じて頂く場を提供し、大会を盛り上げ、選手の価値を上げていき、テニスファンの皆様と供に選手の環境を整えて行きたいと強く願っています。ご応募お待ちしております。

    Profile

    • 1993年9月30日生まれ 
    • 2011年5月プロ転向 2014年3月現役引退
    • 2014年9月 慶応義塾大学環境情報学部 入学